司法書士による債務整理と裁判所のやり取りなどのデメリット

借金に関する悩みなどを解決するとなると、司法書士という選択肢があります。明らかな専門家なので、相談を検討する方々も居るでしょう。
ただその職業の方々の場合、実はデメリットがあるのも事実です。なぜなら裁判所とのやり取りなどは、実質的には自分で行わなければならないケースも多々あるからです。
そもそも人々が専門家に任せる理由の1つは、やはり面倒な事柄を代行してもらう点ですね。債務整理などは覚える事柄も多いので、多くの方々は専門家に相談をする訳です。その選択肢の1つが、上記の職業なのですね。
ところが実際にその借金に関する手続きを行うとなると、債務者が自分でやり取りをしなければならない局面は、多々あるのです。特に最終的な裁判官とのやり取りは、司法書士が代行してくれるでなく、あくまでも本人が話をする事になります。それでは色々と困ってしまうでしょう。
このためその手続きを行うとなると、上記の職業ではなく、むしろ弁護士の方が良いという意見が目立つのですね。その職業ならば、殆どの手続きを代行してくれますので、本人に対する負担は少ないからです。
その他にもスピードなどと、様々なメリットがあります。やはり弁護士に任せるのが、最も無難でしょう。