ここ数年で債務整理の件数が増えた理由と法律の改正

債務整理によって、お金が戻るケースなどは多々見られます。
やはり金融業者からの債務などで、苦しい思いをする方々は非常に多いのですね。それを専門家の方々に相談して、随分と減額された等の話は目立ちます。もちろんお金が戻ってくるケースも、多々あるのです。
ところでここ数年間で、その件数は明らかに増加しています。それはお金に苦しんだ方々が増えたのではなく、法律に関する改正が行われたのですね。それで、戻ってくる事例が激増した訳です。
その手続きで戻ってくる部分は、現行の20%以上という手数料の水準を上回った時になります。したがって23%ならば、もちろん戻ってくる訳ですね。
逆に少し前までは、その23という数字でも特に問題はなかったのです。なぜなら法律で、そのように決まっていたからです。
ところがある時に、法律に関する改正が行われました。23という数字では問題なので、見直しをするべきというルールになったのですね。それがきっかけで、ある時からその手続きを行う方々が急増した訳です。
したがって現時点では債務整理の件数が多くても、今後の法律改正などが行われれば、また件数が減る可能性はあります。その件数がどうなるかは、法改正などに大きく左右される訳ですね。